News/Press more news


Enhanced Performance at High Temperatures

Thermec™ は DOMOエンジニアリングプラスチックスの新シリーズです。優れた耐熱性と高温での最高性能を求める声に応えるために開発されたThermec™は、用途に応じて、異なる高温耐熱ポリマーが配合されています。今も拡大を続けるポートフォリオには、添加剤(ガラス繊維、ミネラルなど)、安定剤及び加工助剤のタイプや添加量に応じ、さまざまな特性を持つグレードを幅広く製品取り揃えています。

Thermec™ N - ポリフタルアミド(PPA)コンパウンド

複数のPPA系のポリマーをベースとするThermec™ N シリーズは、石油と水で加熱した金型で使用するための半結晶性熱可塑性コンパウンドを幅広く取り扱っています。これらのコンパウンドは、強度、温度、耐摩耗性、そして耐薬品性の独特な組み合わせを実現します。最も一般的なグレードは、30% と 35% のガラス繊維を使った強化グレードです。Thermec™ N の機械的特性は230℃までの用途温度が可能で、標準の PA6 及び PA6.6 ポリアミドの性能を上回るため、金属の代替ソリューションに最適です。

複数のPPA系のポリマーをベースとするThermec™ N シリーズは、石油と水で加熱した金型で使用するための半結晶性熱可塑性コンパウンドを幅広く取り扱っています。これらのコンパウンドは、強度、温度、耐摩耗性、そして耐薬品性の独特な組み合わせを実現します。最も一般的なグレードは、30% と 35% のガラス繊維を使った強化グレードです。Thermec™ N の機械的特性は230℃までの用途温度が可能で、標準の PA6 及び PA6.6 ポリアミドの性能を上回るため、金属の代替ソリューションに最適です。

特性

  • 高い融点
  • 230℃までの連続使用温度
  • 低吸湿性
  • 良好な耐薬品性
  • 良好な耐燃料油性
  • 良好な耐クリープ性

 

 

使用用途

Thermec™ N (PPA)

新しい Thermec™ N の特徴は、高い耐熱性と良好な耐薬品性、そして優れた機械的剛性です。気流が比較的に弱く、環境温度が高い、特に優れた性能を必要とする小型車のエンジンルーム内のような、高温にさらされる用途に適しています。

Thermec™ S (PPS)

高い機械的特性と低吸水性により、この素材は自動車やE&E、歯車、屋外動力装置など、多くの用途に適しています。Thermec™ S は、その優れた熱的特性と耐熱性によって広く知られている素材です。また、機械的及び電気的特性、摩耗や湿気、化学物質への耐性を兼ね備えたグレードも提案できます。さらに、この物質は難燃性という特徴も有しています。その優れた流動性により、Thermec™ S はサイクルタイムを縮小し、自由設計性を高めることで、お客様の成功に貢献します。

Thermec™ K (PEEK)

剛直な構造であることから、このThermec™ K は、ブッシュやベアリング、ピストン部品、ポンプ、エアコンプレッサー、コンプレッサーバルブ、ケーブル絶縁材、織機のスラストパッドなど、非常に厳しい条件が求められる部品の製造に使用されています。この素材は、超高真空テストに耐えることができる数少ないプラスチックの1つです。 航空宇宙業界や自動車産業、食品産業、そして化学処理工業で広く使用されています。

 

Thermec™ S - ポリフェニレンスルファイド(PPS)コンパウンド

PPS は優れた耐熱性と設計剛性、摩耗及び摩擦、そしてプロセスフロー品質を必要とする極限の用途で、比類のない価値を提供する高性能熱可塑樹脂です。200℃以下では溶融しないため、PPS は、蒸気や厳しい化学薬品への曝露等、非常に過酷な環境でも PA6 や PA6.6、PPA よりも優れた性能を発揮します。このことから、PPS コンパウンドは、ウォーターポンプのインペラーやエネルギー探査、製造用途に適しています。さらに Thermec™ PPS コンパウンドは、金属や鋳鉄では実現できなかった細かいデザインをより正確に形成するため、非常に厳しい精度要件での成形や押し出し、または機械加工に優れた能力も備えています。Thermec™ S シリーズは、ガラス繊維やガラスビーズ、ミネラルなど、さまざまな添加剤含有量の補強オプションが用意されています。

 

特性

  • 優れた熱安定性
  • 優れた耐薬品性
  • 優れた寸法安定性
  • 本質的に難燃
  • 安定した電気特性
1/6     

3Dプリンタの問題を解決する Thermec™ ZED

お客様から寄せられる課題に取り組み、刺激を受けたことで、私たちは3Dプリンタ向け新素材を開発しました。
こうして誕生したのが、最も貴重で高い性能の熱可塑性素材に匹敵するフィラメントです。

  • 層同士の優れた接着力
  • 優れた加工性
  • 優れた寸法安定性
  • 非常に優れた化学的・機械的特性
  • 本質的に難燃
  • 研磨と塗装が可能

Thermec™ ZED を電気または複合歯車に使用する場合は、導電性にしたり、摩擦係数を抑えたり、耐摩耗性にしたりすることができます。

Thermec™ K – ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)コンパウンド

PEEK は、たとえ高温下でも、優れた機械的特性と耐薬品性を保持する半結晶性熱可塑性樹脂です。現在市販されている熱可塑性樹脂の中で、最も熱安定性に優れた製品です。そのガラス転移点は約143℃で、融点は約343℃となっています。

優れた剛性と低密度という特徴を併せ持つことから、PEEK ポリマー系コンパウンドは、高温での軽量化と構造的性能を必要とするイノベーティブな設計に最適です。
さらに摩耗に強く、本質的に難燃性で、燃焼時の毒性が非常に低いことでも知られています。

Thermec™ K シリーズは、特定ニーズに合わせて開発され、さまざまな製品をご用意しております。このシリーズの最も一般的なグレードは、ガラス繊維とカーボンファイバーが添加された強化材料です。

 

特性

  • 高温での優れた特性:
    • 耐薬品性
    • 機械的強度
    • 耐摩耗性
    • 耐疲労性
    • 絶縁耐力
  • 連続使用可能な温度は260℃です。